Going my way♪
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
渋くて素晴らしい世界遺産@石見銀山
 
世界遺産に登録された石見銀山。
期待を大きく上回る素晴らしいところでした。

山の方へはガイドさんと回るツアーに参加しました。
色々な話を教えていただきながら2時間半歩き回りましたが、
あっという間に時間が過ぎてしまうほど、充実したツアーでした。




歩いて、話を聞いて。
当時の繁栄を思い浮かべながらの散策は、とても落ち着いていて、
一見すれば歴史を感じられる多くの世界遺産とはまったく趣の異なる、
渋くてオトナな世界遺産だと感じました。










お土産物にわくわくするのも旅行の醍醐味。
でもその観光地化されてしまった部分に
少し残念な気持ちになることも少なくありません。

でもここは当時の街並みが残る地区も、ほとんど「観光地」化していません。

石見銀山は自然を破壊しない「自然環境と共存した産業遺跡」だと、
ガイドの方に教えていただきましたが、
随所にそんな人々の思いが感じられて、とても気持ちのいいところでした。

まだわずかな部分しか発掘されていないため、
知られざる部分がまだまだあるそうです。

この先明らかになるであろう、たくさんの歴史にもまだまだ興味が尽きない、
そんな素敵な世界遺産でした。

Japan comments(0) -
新緑のめぐみ

松江城の後は宍道湖の穏やかな景色を眺めながら神々の集まる出雲へ。




出雲大社は大きなしめ縄よりも、立派な松や山や木々の緑がきれいだった方が印象的。
どうしてここに神々があつまったのだろうと思いを馳せながら境内を歩きました。

「縁結び」の文字を見るなり、
当の本人よりも必死になる母の姿が面白くて。
買ってもらった縁むすびの糸はしっかりと帰宅後部屋に飾りました。



島根ワイナリーでちゃっかりワインを堪能したあと、
出雲大社から望んだ山の方へ車を走らせ、たどり着いたのは立久恵峡。
















静かで自然がそのまま残るこの場所をしばし散策。

みずみずしい新緑が夕日の光でますます輝いて、贅沢な散歩でした。


いい季節に来れてよかった。


Japan comments(0) -
松江城

ひょんなことから話が進み、いざ西へ。

メインの目的地へ行く前に、少しだけ松江城に立ち寄りました。


















天気に恵まれて最高でした。


遠出をしたときは高いところからの景色を見たいので、
いい眺めが見れて大満足でした。


Japan comments(0) -
安芸の宮島


道後温泉に泊まった翌日はしまなみ海道を通って広島へ移動。

安芸の宮島へ行きました。


実はここも10年前ぐらいに一度来ているので2度目。

前回は残念ながら雨でしたが、
この日は天気がよくて冬とは思えない暖かさ。




本州の方から見ると、意外に小さく見えたけど、やはり近づくと大きくて立派でした。









少し高いところにある多宝塔に上ると厳島神社が一望出来ました。

この風景は初めて見ました。

世界遺産を上から見下ろすのは少し恐れ多い気もするぐらいでした。





これは豊島神社の千畳閣の一部。

上の写真では五重塔の左に見える大きな建物の角の部分です。






五重塔。


帰りは商店街で出来立てのもみじ饅頭を食べてほっこり。

かわいい小鹿にも会えました。




これにて今回の旅行はおしまい。


昔行ったところに行くといろんな思い出が出てきて話も盛り上がったし、

家族でまた一緒に来れてよかったです。



Japan comments(2) -
祖谷温泉〜道後温泉
 

かずら橋から今回メインの目的地、道後温泉まで行く途中に、

昔泊まったことがある場所に寄ることにしました。

ここの温泉にどうしても入りたかったのです。



細い、くねくねの山道を車で走って到着。




そのホテルから見える景色はこんな感じです。







ケーブルカーに乗って川沿いにある露天風呂へ降りていきます。

ここのお湯はとてもぬるいのですが、20~30分入ると体は芯から温まり、

その後長い間ポカポカした状態が持続します。

源泉かけ流しでお肌はつるつる。

炭酸の気泡が肌につく感じも、少しぬめりのあるお湯の感じも気持ちいいです。

ほかのお客さんはほとんどおらず、広々と入浴が楽しめました。




その後、道後温泉へ移動。

到着後、すぐに本館の温泉に行きました。




とても雰囲気があり、気に入りました。

浴槽が深かったのが印象的。




あとはホテルに戻り、食事を堪能しました。













食事のあとにもホテルのお風呂に行き、この日は3回も温泉に入りました。

おかげさまで体も軽く、お肌も上機嫌。



たまには遠くへ足を伸ばして温泉三昧もいいですね。

しあわせな一日でした。




Japan comments(2) -
自然の恵み


父と母が前に来たときに食べてとってもおいしかったという「あめご」の塩焼き。

かずら橋のすぐそばのお店です。
 









塩の加減がよく、普段あまり魚を食べない私もほぼ1匹完食でした。

やっぱり新鮮な魚はおいしいです。




Japan comments(2) -
懐かしのかずら橋
 
幼稚園のときぐらいに家族旅行で行ったことがあるかずら橋。

もう一度行ってみたかったので、連れて行ってもらいました。



橋のことしか覚えてなくて、こんなに山間にあるのは新発見!

四国には高い山が多いのも驚きでした。知らなかったことだらけです。








水は透明度が高くて、色も見てのとおり綺麗なみどり色。




そして念願のかずら橋へ到着!





昔はもっと大きく見えたけど、今見るとそうでもありませんでした。

私も大きくなったってことでしょう。

ただ、あの時感じた独特の存在感はそのままで、とても雰囲気があります。










遠目で見たらそんなに大きく感じなかったのに、ここに立つと結構長く感じました。







下が見えてる!絶妙な間隔で一層スリルを感じます。

昔はめちゃめちゃ怖がってたのに、すいすい行けちゃいました。

少し足がすくむ感じもするけど、高いところは怖くないので楽しい!!!


渡り始めは前に人がいたので出来なかったけど、

最後はわざと揺らして橋がギシギシ。



スリルを満喫して大満足でした。

景色もとても綺麗なところなので、夏場にもう一度来たいです。


Japan comments(2) -
瀬戸大橋
 
1泊2日で温泉旅行へ行ってきました。

色々と18〜20年前の記憶をたどる旅行になりました。



まずは岡山から瀬戸大橋をわたって四国へ。





当時は天井に窓がある大きな車を借りて乗っていったのがうれしくて、
そこから橋を見たのを覚えています。


いざ四国へ!



Japan comments(2) -
ノスタルジック@郡上八幡


飾らない日本の風景が残されているところこそ、

次の世代へつないでいかなければならないと思う。







Japan comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |